FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加してます。クリック宜しくお願いします。

ありゃりゃ~

 しばらく書き込む期間が空いてしまいました。

 その間、この日記を読んで興味を持った女性など、何人かの女性と会ったりしましたので、追って書いていきたいと思いま~す。





 少しでも興味を持ってくれた女性がおられましたら、お気軽にご連絡ください。安心して快楽を楽しめるよう、配慮していきます。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
ブログランキングに参加してます。クリック宜しくお願いします。

お久しぶり

 いや~

 忙しかったり怠けてしまったりで、全然更新してませんでした^^;


 いけませんね。何とか時間ができたときには更新頑張ります^^; ブログランキングに参加してます。クリック宜しくお願いします。

 このところ仕事や何やかやとばたばたしてしまい、更新が疎かになってしまいました。

 また、怠け癖でついつい明日でいいやと思ってしまい、放ったらかしにしてしまいました。イケマセンネ^^;

 せっかく始めたんだからがんばって書かないと。

 ランキングや拍手をクリックしてもらえると元気も出ますので、どうかご協力お願いします^^ ブログランキングに参加してます。クリック宜しくお願いします。

MOさん1 いじめてください③

 まずは正上位で挿入。「あぁぁぁ、大きいの、大きいの。あふぅ」と体をよじらせる。「気持ちイイ?」と聞くと「はい、気持ちイイです。オマンコ、どうかなっちゃう」と目をうつろにして答える。ゆっくりと腰を動かすと「いやあ、気持ちイイです、気持ちイイですぅ」と声をかすれさせる。

 今度は四つんばいにし、お尻を突き出させる。オマンコは彼女の愛液が泡立ち、真っ白に。「いやらしいオマンコだなあ、泡立ってるよ」と言い、お尻を引っ叩くと「ごめんなさい、すいません」と言いながらさらにお尻を突き出す。どうしてほしいと聞くと「もっと引っ叩いてください。いじめてください」と哀願。何度も引っ叩いたり、噛んだり爪で引っかいたりすると「はあぁぁぁ、ごめんなさい、ごめんなさい」と叫ぶ。バックから挿入し何度も突き上げると、あんあんとよがり声をあげ、腰砕けになり始めた。

 「だめだよ腰引いたら。もっとお尻突き出して」と言うと「ごめんなさい。激しくて、奥深くに入ってくるから意識が飛びそうです」と涙声。起き上がらせ、ベッドに手を着かせて立ちバックで突くと「いやあ~っいやあ~っ」と叫んで絶頂。しゃがみこんでしまった。

 ぐったりとしていたが、構わず抱きかかえてベッドへ。再び正上位ではめ「気持ちイイか」と耳元で囁くと「気持ちイイです」「おちんちん大好きです」「もっと突いてください」「もっといじめてください」「オマンコが壊れそうです」と叫び、きゃあああ~と叫んで再び絶頂。僕も彼女に合わせて発射した。

 意識はあるようだが、乳首をつねっても、動かない。体を抱き寄せ「気持ちよかったか?」と聞くと「はい・・・すごいです・・・」と目の焦点が定まらないなかつぶやいていた。 ブログランキングに参加してます。クリック宜しくお願いします。

MOさん1 いじめてください②

 後ろからMOさんの髪をかきあげ、首筋をキスし舐める。彼女は「はあっ、はあっ」と小刻みに小声を出す。小ぶりの胸を揉むと、彼女は僕に身を任せるようにしなだれた。

 力強く抱き寄せてディープキス。剥がすように少々強引に服を脱がすも、彼女は抗う様子もなく目を閉じたまま。黄色いブラを剥ぎ取り、未発達のような乳房を揉んだ。乳首をつまんだり甘噛みする度彼女はビクンとする。

 お揃いなのだろうフリル付きの黄色いパンツに手を突っ込みオマンコをソフトに撫でたり、強引に弄る。膣口に触れるとヌルヌルとよく濡れていた。「もうこんなに濡れているの?MOはいやらしいね」「逢う前から濡れてた?」と言うと「う、うん・・・恥ずかしい」と、体をビクンビクンと動かしながら頷く。

 お姫様抱っこしてベッドへ。

 全身に舌を這わせ、パンツを脱がす。彼女のももを掴み足を広げると、オマンコは愛液でヌラヌラと濡れていた。

 一旦オマンコを舐めた後、マングリ返しして再び舐める。彼女は目をつぶっていたので「舐められてるところを見てごらん。MOのオマンコ美味しいよ」と言うと、薄目を開けた。クリを舐めるたび白目になり「アァァ、アァァ」と喘ぎ声を上げる。仰向けにさせ、膣の中に指を突っ込みGスポットを刺激し続けると「ひいぃぃ・・・」と体を硬直させ、イッてしまった。

 間をおいて、再びオマンコを弄る。指を小刻みに曲げ伸ばしし膣内を刺激し続け、穴のサイドやお尻の側にも指を這わせる。指を奥まで突っ込み刺激すると、「えっ・・・、いやっ、いやっいやっいやっいやっいやっ、いやあぁーっ」と叫び、体を痙攣させ、再び絶頂に達した。

 意識が飛んだところへ、彼女にフェラをさせる。甲斐甲斐しく丁寧にしゃぶってくれた。「どこまで咥えらる?」と、頭を抑えゆっくりとチンポを口に差し込んでいくと、3分の2までいったところでむせた。頑張ったねと背中をさすり、キス。横にし、再びしゃぶらせ手マンし続けると、「またイッちゃう、イッちゃう、いやぁぁ」と衝天した。 ブログランキングに参加してます。クリック宜しくお願いします。
プロフィール

猿取哲

Author:猿取哲
奈良在住のアラフォーリーマン。奈良や大阪を中心に活動。

ひとときでも愛の交歓と快楽を一緒に楽しむ女性を探しております。
興味がある方はご連絡いただけると幸いです。

★連絡用アドレス
vitasexualis0407@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。